ODAchan's Talkオダチャンズトーク

「令和元年」こそ富士山登頂!笑える?泣ける?みんなの富士登山体験談

今年は、「令和元年」という特別な年。そんな2019年もすでに後半に入りつつあります!
年はじめには今年こそ!と思って色々と目標をたてた方も多いと思いますが、あなたの目標は達成に近づいていますか?

もし、まだ達成には遠い…違う目標を探している…というようなら、この「令和元年」という特別なタイミングを機に「富士登山」にチャレンジしてみるのはいかがでしょう!?
富士山イメージ画像
日本の象徴と言われる富士山は、日本一高い山なのに、実は体力と装備があれば初心者でもチャレンジしやすい親しみやすい山なんです。
そうはいっても、初めての富士登山なら念入りに計画を立てたほうが◎。自然を甘く見てはいけません!

今回は、富士登山経験者たちのリアルな体験談から、必須アイテムをご紹介しますので、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
富士山御来光イメージ画像

\リアルな体験談/
「人生初の富士登山」の失敗談やエピソード

アンケートで聞いた富士山初登頂は8歳~44歳と千差万別。
初心者から今や登山上級者という方まで、思い出の初富士登山での体験談をご紹介します。
■富士山初登頂は30歳の記念登山
普段履いているスニーカーで登ってしまい、帰りは転がり落ちるように下山。あまりのつらさに、吊り橋効果で富士登山ツアー添乗員さんに惚れそうになってしまった。

■富士山初登頂は友達に誘われて
途中から高山病になり、ただただ自分との闘いでした…。が、登頂して御来光を見たら、「世界が始まる感触」を感じました!

■富士山初登頂は会社の研修
下界は30℃以上。でも5合目に着いた時点ですでに気温がグッと下がり、フリースとウィンドブレーカーがなくて凍えるかと思った。夏でも防寒アイテムはマストです。

■富士山初登頂はなんとなく
富士山は登るというより眺めを楽しむ山と思っていた。でも、山小屋に泊まって御来光を体験した時は感動した…。

その他にも
閉山してから登ったので山小屋が全て閉まっていてトイレに行けなくてつらかった。
など辛い思い出も。富士山、やっぱり事前の準備は大切ですね。
「記念登山」としても人気の富士山。初体験に多少の失敗はつきものですが、「初めての富士山」は、いつまでも良い思い出として残っているようです。日本に住んでいるなら、一生に一度は登ってみたい富士山。
そこで今回は体験者が「これは準備して!」とおすすめするアイテムなど、まずは情報収集から始めてみませんか?
経験者が語る、これは準備して!登山必須アイテム

\登山必須アイテム!登山靴/
夏フェスや近場アウトドアでも使える!トレッキングシューズ

初心者でも登れる富士山といえど、絶対になめてはいけません。普段のスニーカーで行ってしまった日には、ケガにつながることも。
富士山は活火山なので、砂利道が多いのが特徴。転んで大怪我などをしないためにも、靴はちゃんと選びましょう!
富士登山イメージ画像
でも登山靴やトレッキングシューズを買ったはいいが、1回履いただけでタンスの肥やしに…となってしまうともったいない!
そこで、フェスや近場でのアウトドアでも使える<コロンビア>の「クレッセントピークアウトドライ」がおすすめ!
<コロンビア>クレッセントピークアウトドライ
見た目も可愛く、機能性もバッチリ、お手頃価格、と三拍子揃った優秀トレッキングシューズ。
ソールはグリップ力の高いラバーソール、適度な厚みで、砂利道の多い富士山にちょうど良く、アッパーは適度な硬さで落石から足を守ります。
足首もしっかりホールドするミドルカットで疲れを軽減。「アウトドライ」素材は水の侵入をシャットアウトしつつ、高い透湿性によりムレや冷えを抑えます。
<コロンビア>クレッセントピークアウトドライ ソール部分
グリップ力の高いラバーソール
<コロンビア>
クレッセントピークアウトドライ(22.5~25.5cm/全2色) 15,984円
■ハルク地下1階=アウトドア用品売場<コロンビア>
登山ビギナー必見!
「初心者のトレッキングシューズの選び方」も参考にして!

\登山必須アイテム!レインウェア/
冷えを防いで疲れを軽減!レインウェアは機能性重視

誰もが口を揃えて「絶対必要!」というのが、レインウェア。山は天気が変わりやすく、山頂に近づくほど気温も下がります。
御来光を目指す朝の4時~5時の気温は、真冬並みの0~5℃!目まぐるしく変化する山の状況に対応するには、レインウェアは必須。特に夏の富士山は雷も発生しやすく天候も急変しがち。間違ってもビニールの雨合羽やポンチョタイプのレインコートで代用しようなんて考えないで!
上下セパレートで、防水・透湿性に優れたレインウェアを用意するのが快適富士登山成功のカギ!
<ミレー>レインウェア ティフォン50000ストレッチジャケット、ティフォン50000ストレッチパンツ
<ミレー>
レインウェア ティフォン50000ストレッチジャケット(全5色) 28,080円
ティフォン50000ストレッチパンツ(全3色) 20,520円
※上下共にナイロン100%、ポケット内布:ポリエステル100%
■ハルク地下1階=アウトドア用品売場
<ミレー>のティフォン50000シリーズのレインウェアは、防水はもちろん、ムレを逃す機能に優れているので、汗をかいても快適。そして、レインウェアとは思えない伸縮性としなやかさ。軽量、コンパクト、パッカブルなのも、荷物が多くなりがちな登山にはうれしいポイントです。
標高が100m上がるごとに気温は0.6℃下がるといわれる富士山。5合目と富士山山頂では15~20℃ほどの気温差と、風も強くなってきます。そこで、登る過程でレインウェアを防風・防寒ウェアとしても活用するのが◎
<ミレー>レインウェア ティフォン50000ストレッチジャケット、ティフォン50000ストレッチパンツ、<ザ・ノース・フェイス>ビッグショットクラシック
もっと寒くなったら、防寒・防風としてレインパンツも履くのが◎
1枚あれば雨対策としても防寒着としても大活躍のレインウェア。ここはケチらないでちゃんとしたレインウェアを用意しましょう♪
■防寒・防風にもなる登山の強い味方「レインウェア」をもっと見る

\防寒着のフリース/
寒さ対策はマスト!暖かくムレないフリース

登山の必勝ポイントはレイヤリング(重ね着)
肌に直接触れるベースレイヤー、その上にミッドレイヤー、一番上にはレインウェア(アウター)、が基本の形。
ミッドレイヤーは肌寒い時に着るものなので、体の動きを妨げず、窮屈に感じない程度にフィットしたものを選びましょう。
<パタゴニア>R2ジャケット
<パタゴニア>
R2ジャケット(ポリエステル97%・ポリウレタン3%/全3色) 23,760円
■ハルク地下1階=アウトドア用品売場<SORA>
<パタゴニア>のR2ジャケットは「究極の中間着」と言われるほど、街でも山でも汎用性の高い1着。薄いのにふわっとした毛足で高い保温性通気性を兼ね備え、伸縮性も抜群。体温が上下する登山でも、蒸れることなく快適な状態を維持します。
脇部分から側面にかけては薄手の生地に切り替わっているので動きやすく、着ぶくれせずにスッキリ。ラグランスリーブも動きやすさに一役買っています。そして驚くほどの軽さ。荷物が多くなる登山には重要なポイントですね!

コチラの情報もCheck!
■富士登山における服装の基本はレイヤリング

\登山必須アイテム!バックパック/
タウンユースでも大活躍の30Lのバックパック

レインウェアやフリース、その他にもお水など、意外に荷物が多くなるのが登山。
初心者だと手持ちのアイテムで代用したり、パッキングに慣れていないせいもあり、思ったよりもかさばってしまうことが多いのだとか。
そこで最後にご紹介するのが、30リットル前後のバックパックです。
<ザ・ノース・フェイス>ビッグショットクラシック
<ザ・ノース・フェイス>
ビッグショットクラシック(32L/全8色) 17,280円
■ハルク地下1階=アウトドア用品売場<ザ・ノース・フェイス プラス>
登山にも十分な容量でタウンユースでも使い勝手が良いのが、<ザ・ノース・フェイス>の「ビッグショットクラシック」。
通気性の高いエアメッシュと背面とショルダーストラップで、汗をかいても快適な背負い心地。中は仕切りが少なく、思った以上に大容量!小物の仕分けに便利なオーガナイザーもついているので、登山にマストの日焼け止めをはじめ、女子として揃えておきたい細々としたアイテムもポーチいらずで収納できますよ♪
■超軽量化にこだわったバックパックなども豊富にご紹介!
いかがでしたか?富士山の山頂に向かうにはいくつかルートがあり、それぞれ距離混雑度施設数が違うので、事前にチェックしてくださいね。

豆知識ですが、この5月にご即位された今上天皇が皇太子時代に登られた「プリンスルート」というのもあるんですよ。いずれにしても、入念な事前準備を怠らず、新しい時代のスタートに感動の体験を計画してみてください。
■快適登山を目指すための装備や服装選びのポイントはコチラ

お問い合わせ TEL.03-3342-1111(大代表)
※掲載商品は数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。
※掲載されている食器・器具類は特に表示されていない限り、商品に含まれておりません。
※表示価格は「消費税込み」の価格です。
※2019年9月30日以前の情報に関しては旧税率となります。
※最新記事以外は、すでに売場で取り扱いのない商品やサービスの情報、価格の変更等もございますので、あらかじめご了承ください。