初心者におすすめのレディーストレッキングシューズ(登山靴)とは?選び方をご紹介(基礎知識編)

2019年10月1日(火)更新

軽登山やハイキングに挑戦してみたいけど、どのトレッキングシューズを買えば良いかわからないという方、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、初心者でもわかる「トレッキングシューズの選び方」について、トレッキングシューズについて熟知しているハルク地下1階=アウトドア用品売場<キャラバン>のスタッフに教えてもらいました。
プロの意見を参考に、あなたに合ったトレッキングシューズを見つけてみませんか。
トレッキングシューズを履いているイメージ画像

トレッキングシューズの基礎知識

近年山登りやトレッキング、フェスなどアウトドアブームの影響もあり、ハルクスポーツにはこれから山登りやトレッキングを初めてみたいという女性の方が多く来店されます。
でも最初の1足はどういうシューズを買えばいいのか、わからないことが多いですよね。 トレッキングシューズはスニーカーなどと選び方が大きく異なりますので、なんでもスタッフにご相談ください。
<キャラバン>のスタッフ
日本で初めて軽登山靴を作った<キャラバン>でトレッキングシューズを販売して5年の鬼塚さん。トレッキングシューズの知識はもちろん、初心者向きの登山についてもアドバイスさせていただいてます。
山登り歴:4年 一番大好きな山:小川山、今まで登った中で一番高い山:富士山

トレッキングシューズの種類は大きく3タイプ

キャラバンのスタッフがトレッキングシューズを説明しているイメージ画像
①ローカット
②ミドルカット
③ハイカット
この3つの違いとは。
そして何を基準に選べばいいかをご紹介します。
①ローカットのトレッキングシューズを選ぶ場合
ローカットトレッキングシューズのイメージ画像

ローカットは、ちょっとしたハイキング、低い山に挑戦してみる方におすすめです。
普段山登りをあまりしなくてタウンユースと兼用を希望をされている方や、最近ではフェス用に購入される方も多いです。
他にもハルクスポーツでは、海外旅行用として購入される方もいます。トレッキングシューズは長時間歩くのに向いているので、旅行でたくさん歩くことを想定して、旅行用兼ハイキング用としても◎
ローカット:ハイキング、トレッキング、軽登山、クライミングとしてのアプローチ
②ミドルカットのトレッキングシューズを選ぶ場合
ミドルカットトレッキングシューズのイメージ画像

ミドルカットはハイカットほどではありませんが、足首が覆われるで「重心がぶれにくく、疲れにくい」です。
そのため歩行中に足首をひねってしまうなどの恐れが軽減され、より山道を安全に歩くことができます。そのため山道を歩きなれていない方には、ミドルカットがおすすめです。
ミドルカット:日帰り登山、軽登山(2,000~3,000m級)
③ハイカットのトレッキングシューズを選ぶ場合
ハイカットトレッキングシューズのイメージ画像

名前の通りハイカットは、ミドルカットより足首の部分が高くなっています。そのためしっかり足首をサポートするので、より安定感もあります。
しかし初心者にはハイカットはおすすめしてません。なぜなら足首が固定されている分、山道を歩きなれていない初心者には歩きにくく感じるのと、ハイカットシューズはソールも厚くなり靴がさらに重くなるため、疲れやすくなってしまうからです。
標高が高く、傾斜が険しめな山に挑戦するという、中級者から上級者の方にミドルカットの後にハイカットにしていく事をおすすめしています。
ハイカット:重登山(2,000~3,000m級)、岩稜登山、縦走

トレッキングシューズの特徴と選び方

トレッキングシューズは草や土の上でもしっかりとグリップするように、ソールの溝が深くなっています。
スニーカーのような溝の浅さだと、土や草が溝に入ってしまい、グリップが効きにくく、滑りやすくなってしまうからです。
また、ソールが厚くて硬いため、凹凸の多い地面で足裏を傷めにくいのも特徴。
スニーカーのようにソールが柔らかい靴での登山は、尖った石を踏んでしまうと足を痛める場合があります。

キャラバンのスタッフがトレッキングシューズを説明しているイメージ画像
初心者が選ぶべきトレッキングシューズ
初心者向けの軽登山はコンクリート、本道、土もあってという場所が多いため、ハイカットのようなしっかりした山靴はかえって疲れてしまいます。そのため少し柔らかめで履きやすいローカット、ミドルカットのトレッキングシューズをおすすめします。
登山は上級者になるほど、危険な場所に行く機会も増えてきます。そのため上級者ほど溝は深めのものを、初心者は溝がやや浅めでも靴全体の履き心地が柔らかいものを選びましょう。
トレッキングシューズは重さも重要
トレッキングシューズは軽ければ良いというものではありません。
ある程度の時間、山道を歩くのであれば少し重さがあって安定感があるものを、短い距離で勾配の少ないところしか歩かないのであれば、なるべく軽いものを選んでいただくと良いですね。

お悩み解決!こんな場合はどういうトレッキングシューズを選べばいいの?

Q:初心者の女性で高尾山(599m)くらいの軽登山に挑戦する方が選ぶのは?

Answer:
実は高尾山くらいの高さの山でも、ローカットとミドルカットのどちらを選ぶかは五分五分です。
どこに登るかだけではなく、その後どういう風に使用していきたいかが選ぶポイントになります。

・一度きりの軽登山や、今後あまり行く予定がない方
→タウンユースできるローカットがおすすめ。
他にも普段から歩きなれている方は、軽登山ならローカットでも問題ないでしょう。

・今後少しずつステップアップをして山登りをしたい方
→ミドルカットがおすすめ。
Q:初めて富士山に登るにはどのタイプを選べばいい?

Answer:
富士山は標高は高いですが傾斜がなだらかなので、一般的なルートであれば初心者の方でも十分登れる山なため、毎年とても人気があります。
とは言ってもやはり長時間歩きますので、安全性を考えるとミドルカットのシューズをおすすめします。
Q:軽登山と重登山の違いは?

Answer:
登山は傾斜より、足場がポイントとなります。そのため高尾山は一般ルートであれば足場が舗装されているので、傾斜があっても軽登山になります。
また、南アルプスや北アルプスのような、足場が悪い山道は重登山となります。大きな石がぶつかったりとアクシデントもつきもので、足を広範囲で守ってくれる安全性の高いハイカットシューズがおすすめです。

その他の特集記事はコチラ