40代のメンズスーツ学
~自分に合うものをあつらえるという大人の着こなし演出~

若かりし頃とは違い、オシャレを意識することが少なくなりがちな40代。
思えばスーツも、ここ数年、同じものを着続けていませんか?もちろん、お気に入りのスーツを大事に、ていねいに着こなすというのはステキなこと。
ただ一方で、生地がくたびれるまで、日々"消耗"するだけの仕事服になっているとすれば少し残念な気もします。

仕事でもプライベートでもきちんと装いたい40代だからこそ、自分に見合ったスーツをビシッと着こなし、自信やプライドをしっかり感じさせるファッションにチャレンジしてほしい。
そこで、今回は40代男性にお勧めする「スーツの選び方」についてご紹介します。きっとあなたの体型やT.P.O.に合ったスーツが選べるようになるはず。ぜひ参考にしてくださいね。
スーツ
<スーツ選びのチェックポイント>

サイズやデザインが合っていないと、せっかくのスーツマジックも半減してしまうもの。
ここでは、自分に合ったスーツ選びのポイントをご案内します。
ビシッと決まったスーツ姿なら、男っぷりも5割増に!?


自分に合ったスーツの選び方

昔買ったスーツをずっと着ている人は要チェックです。
ジャケットのボタンが留まるから、パンツが何とかはけるから、めったに着なくて生地が傷んでいないから大丈夫、と思っていませんか?
実はスーツには気をつけるべきポイントがいくつかあり、それらは意外と人からも見られているもの。そこで今回は、小田急百貨店紳士服担当の中村バイヤーにスーツ選びのポイントを伺いました。

サイズの合ったスーツとは?

日ごろ着慣れたスーツなら、自分に合っているような気がしてしまいますが・・・、
ここで、サイズが本当に合っているかチェックしてみましょう。ポイントは3つ。
背中、肩先、そして40代男性には必須のあのポイントです。
ではさっそく見ていきましょう。


背中のチェックポイント

サイズが合っているかどうかのチェックポイントで、自分で気づきにくいのが後ろ姿です。鏡にも映りづらく、なかなか意識できないのが難点ですが、周りの人からはばっちり見られています。
こんなことになっていたらサイズが合っていない証拠ですよ。
  • ツキジワ/襟抜け
(左)ツキジワ:体型にシルエットが合わない時に、衿の下にできる横ジワのこと
こんな人は要注意!
  • 「いかり肩」の人
  • 「反身」といわれる身体が後ろに反っているような姿勢の人
  • 肩、背幅が合っていないジャケットを着ている人
「いかり肩」はがっしり体型の方が多いと思いきや、細身の方にもしばしば見受けられます。

(右)襟抜け:後ろ襟が首のラインに沿わず、シャツから首周りが浮いてしまっている状態

こんな人は特に注意!
  • なで肩の人
  • 「屈伸」といわれる猫背のように身体が前傾しているような姿勢の人
「屈伸」」は背の高い方、なで肩は意外かもしれませんが、首に筋肉がつきすぎているスポーツマンにも多く見られます。


肩先のチェックポイント

「スーツは肩で着るもの」というくらい、肩先もサイズの合う・合わないがはっきりと出るポイントです。
こちらは自分でも簡単に見られますので、いますぐチェックしてみてください。
  • 肩先のチェックポイント
左:ジャケットが小さすぎる例
ジャケットが小さすぎてスーツの肩先が内側に食い込んでしまっています。
袖のアームホールは幅が細すぎるため、二の腕部分にシワがはいってます。30~40代で体を鍛えている人にも多いので要注意です。


右:ジャケットが大きすぎる例
ジャケットが大きすぎてスーツの肩先が外側に折れてしまっています。
また、袖のアーム幅が身体よりも大きいため、袖に縦ジワ、背中にもシワが出てしまいます。やはり肩幅はきちんと合わせることが大切です。


40代の典型的なNGチェックポイント

40代が最も注意したい、典型的なシワがこの二つ。年とともに変わってきた体型をごまかしながら、昔買った細身のスーツを着ていることで出てしまうシワです。「かろうじて着られた」というだけで、とても「装い」とは言えません。せっかくスーツを着ているのにきちんと感が伝わらないともったいないですよね。
  • 40代の典型的なNGチェックポイント
左:サイズの小さいジャケットのボタンを無理に閉じてでるシワ。
正式な会合や商談時にこんなシワが出ていたら、印象は良くないですよね。

右:ジャケットで隠せば見えないと思っていたら大間違い。意外と目立つパンツのシワ。

ベルトを締めれば締めるほどシワが寄り、ポケットの中身が出てきてしまいそうに。


お手持ちのスーツは大丈夫でしたか?
もし注意信号が出ていたら、いまが買い替えどき!自分に合ったスーツを探してみてはいかがでしょうか。