パーソナルショッピングサービス(パーソナルショッピングNEWS)

  • パーソナルショッピングNEWS

パーソナルショッピングNEWS

【プロ直伝!セレモニースーツの選び方】卒業式・入学式におすすめのコーディネートも

  • セレモニースタイルイメージ
2020年1月22日(水)更新
入学式や卒業式を始めとしたセレモニーの場面。そこでの服装、いわゆるセレモニースーツを着るのは何度もある機会でもなく、「何を着ればいいのだろう?」と悩んでしまうのではないでしょうか。そこで、選ぶのが難しいという方に向けて、スタイリング提案のプロが失敗しないポイントを徹底解説。さらに、おすすめのセレモニーコーディネートや、今お持ちのアイテムにプラスするだけでセレモニースタイルになるアイテムをご紹介します。

卒業式、入学式での服装にお悩みではありませんか?

洋服選びのプロ、スタイリングコーディネーター
スタイリングコーディネーター
卒業式や入学式シーズンが迫ってくると、「自分はどんな服装をしたらいいのだろう?」と頭を抱えている方もいらっしゃることでしょう。セレモニースーツは大切なお子さまを主役にする「誰かのためにする装い」だからこそ、選び方に慎重になるもの。ただ、そうこうしている間に、気がついたらもう式も間近。
焦りばかり募ってしまう方に向けて、洋服選びのプロ、スタイリングコーディネーターがセレモニースーツのポイントを解説します。

スタイリングコーディネーター

スタイリングコーディネーター
百貨店での豊富な婦人服販売経験から、コーディネートにお悩みの方に向けてアドバイス。「フォーマルスペシャリストゴールド」の資格も有しているため、マナーやルールのあるフォーマルな場面での装いの提案も。

セレモニースーツを選ぶ際のポイント4つ

セレモニーという場面では、服装やルールにポイントが数多くあります。今回は最低限押さえておくべき、4つについてご紹介します。

1.セレモニースーツの大前提!3種の『スタイル』

ジャケット+スカートスタイル
ジャケットとスカートのセパレートスタイル。セレモニースーツとしては、最も定番スタイルであり、選べるアイテムの数も非常に多いです。ジャケット、スカートそれぞれの合わせ方で様々な印象に変化させることができます。

ジャケット+ワンピーススタイル
ワンピースにジャケットを合わせたスタイル。スカートスタイルに次いで、定番のスタイルでありながら、よりフォーマル度の高い装いです。セレモニーはもちろん、お受験のときの服装としても用いられます。

ジャケット+パンツスタイル
ジャケットとパンツのセパレートタイプ。お仕事着としても使えるため、働くママに人気の高いセレモニースーツです。

2.印象だけでなくTPOにも左右される『カラー』

ダークネイビーやグレーは汎用性が高いカラーですので、卒業式・入学式どちらでも着用することができます。ただ、入学式のような華やかな行事であれば明るい色にチャレンジするのもおすすめ。白やベージュ、淡いピンクであれば、華やかながら上品さも加えることができます。

3.着こなしの基本中の基本『サイズ』

サイズはファッションの要。特にセレモニースーツは着崩しやアレンジは不要、マナー通りに着こなすのが美しいとされています。
そのため、大き過ぎたり、小さ過ぎたりしないしっかりとご自分のサイズにあったセレモニースーツをお選びください。

4.誰かのために着るものだから合わせるおしゃれの『統一感』

セレモニースーツは誰かのためにする装いです。そのため、ご自身の個性を全面に押し出す服装は控えましょう。
女性であれば、一緒に参列されるご家族とトーンを合わせてセレモニースーツ選びをするのが良いです。また、場合によっては学校ごとに異なるルールなどが存在することもあります。事前にママ友から情報収集をしたり、先輩ママに傾向を教えてもらうなどすると安心です。

スタイル別!セレモニースーツスタイル6選

では、具体的にどのようなスタイリングがセレモニーの場面でふさわしいのか、おすすめのコーディネートをご紹介します。

ジャケット+スカートスタイル

\控えめながらもゴージャスさもプラス/
ジャケット+スカートスタイル
〈リフレクト〉ジャケット、ブラウス、スカート
非常にベーシックなジャケット+スカートのスタイルとツイード素材のセットアップコーディネート。
光沢のあるテープ糸を織り込むことで、控えめながらも高級感のある1着に仕上げています。ブラウスのフリルも相まって、より華やかな印象を与えることも。
入学式 卒業式
〈リフレクト〉
・ジャケット(レーヨン40%・コットン27%・ポリエステル20%・ナイロン11%・キュプラ1%・ポリウレタン1%/別布部分:ポリエステル100%/ブレード部分:レーヨン100%) 38,500円
・ブラウス(ジャージ部分:レーヨン79%・ポリエステル21%/シフォン部分:ポリエステル100%/レース部分:レーヨン62%・ナイロン38%) 13,200円
・スカート(レーヨン40%・コットン27%・ポリエステル20%・ナイロン11%・キュプラ1%・ポリウレタン1%) 16,500円
■本館6階=コンテンポラリースタイルI
\柔らかい色味でもメリハリをつける/
ジャケット+スカートスタイル
〈ルーニィ〉ジャケット、ブラウス、スカート
穏やかな印象を与えるカラーのセットアップながらも、縁取りの効果により、お顔写りもはっきりとするコーディネートです。生地には凹凸があり、のっぺりとさせず、立体感を演出。女性らしい美しい体のラインも強調してくれます。
入学式
〈ルーニィ〉
・ジャケット(レーヨン51%・アクリル28%・ポリエステル21%) 30,800円
・ブラウス
(ポリエステル100%) 16,500円
・スカート
(レーヨン51%・アクリル28%・ポリエステル21%) 18,700円
■本館4階=カジュアルスタイル

ジャケット+ワンピーススタイル

\洗える機能性と多彩な着回し/
ジャケット+ワンピーススタイル
〈組曲〉ジャケット、ワンピース、ネックレス、コサージュ
セレモニースーツでは珍しい、洗えるワンピースが主役のコーディネートです。袖のあるワンピースのため、これ1枚で着ることもでき、お食事会などのセミフォーマルな場面でも着られます。さらに秋~春にかけて3シーズン使用できる素材感も魅力的。
入学式 卒業式
〈組曲〉
・ジャケット(綿75%・ポリエステル25%) 30,800円
・ワンピース(身頃部分:綿75%・ポリエステル25%/スカート部分:ポリエステル100%) 24,200円
・ネックレス(コットンパール/ガラス/ABS樹脂/金属〈真鍮〉/金属〈合金〉) 8,690円
・コサージュ(ポリエステル) 5,390円
■本館4階=ヒートアップパーツ
\日本生まれの品格あるツイード/
ジャケット+ワンピーススタイル
〈エフデ〉ジャケット、ワンピース
日本製のツイード生地のセレモニースーツです。ツイードながら軽さも実現。ワンピースは切り返しになっており、まるでブラウスとスカートをコーディネートしたかのよう。ワンピース1着であればタウンユースもできます。
入学式
〈マーリエ パー エフデ〉
・ジャケット(ポリエステル29%・レーヨン26%・綿25%・アクリル19%・ポリウレタン1%/グログラン:ポリエステル100%) 28,600円
・ワンピース(上身頃表側:ナイロン100%/下身頃:ポリエステル29%・レーヨン26%・綿25%・アクリル19%・ポリウレタン1%/シフォン部分:ポリエステル100%) 27,500円
■本館4階=カジュアルスタイル

ジャケット+パンツスタイル

\スタイルアップのベストアイテム/
ジャケット+パンツスタイル
〈プラステ〉ジャケット、ブラウス、パンツ
洗練された印象がありながらも、ジャージー素材で伸縮性に富んでいるセレモニースーツです。長時間の着席姿勢が求められるセレモニーでもゆとりを持って着用可能。パンツは丈が短く、タックがないスッキリとしたシルエットのため、手軽にスタイルアップ効果が得られます。
入学式
〈プラステ〉
・ジャケット(綿60%・ポリエステル40%) 16,500円
・ブラウス(ポリエステル100%) 7,689円
・パンツ(ポリエステル80%・レーヨン19%・ポリウレタン1%) 12,100円
■本館4階=キャリアスタイルI
\楽ながらも抜きすぎないワイドパンツ/
ジャケット+パンツスタイル
〈ロートレアモン〉ジャケット、ブラウス、パンツ、コサージュ
華やかでありながら、大人の雰囲気を醸し出すフリンジジャケットとシンプルなワイドパンツのコーディネート。日常使いのワイドパンツもセレモニースーツに合わせられ、上品さはコサージュなど他アイテムで後押し。それぞれのアイテムごとにタウンユースするのもおすすめ。
入学式 卒業式
〈ロートレアモン〉
・ジャケット(レーヨン23%・ナイロン20%・綿19%・アクリル19%・ポリエステル12%・毛7%) 35,200円
・ブラウス(ポリエステル100%) 14,300円
・パンツ(トリアセテート64%・ポリエステル36%) 20,900円
・コサージュ(ポリエステル) 7,590円
■本館4階=キャリアスタイルI