ODAchan's Talkオダチャンズトーク

からだも心もほっこり!デパ地下で見つけた「あったかグルメ」

いよいよ12月になりました。暖冬とはいうものの、日ごとに風の冷たさが身にしみるようになってきましたね。
こんな時期だからこそ大事にしたいのが、おうちごはん。バタバタしがちな平日も、仲間や家族と過ごす週末も、あたたかくておいしいものを食べれば、おなかも心もぬっくぬく♪ 年末に向けての怒涛の日々を、しっかり乗り切るパワーも湧いてくるというものです。
そこで今回は、お手軽なのに心もからだもほっこりする「あったかグルメ」をご紹介します。

「とりあえずのスープ」があればハッピー☆
こだわりレトルトで舌もおなかも満足

食卓に汁ものがあるだけで、なんだかほっと落ち着きますよね。レトルトのスープをストックしておけば、帰りが遅くなった時やごはんを作る気力がない時、いつでもさっと用意ができて、とっても重宝します。
<明治屋>にある「かぼちゃのポタージュ」「クラムチャウダー」は、1人分ずつ袋に入ったストレートタイプ。温めるだけで、じっくり煮込んだ本格的なスープをお召し上がりいただけます。
「かぼちゃのポタージュ」は、北海道産かぼちゃに牛乳、生クリームを加え、オニオンソテーで深みを出した濃厚な味わい。「クラムチャウダー」は、たっぷり野菜のクリーミーなコクとうまみのあるベースに、ホッキ貝を加えた具だくさんスープ。どちらも<明治屋>が自信を持ってオススメする「RECOMMENDED」マーク付きです。
1杯のスープでおなかが温まれば、1日の疲れが吹き飛びそうですね。
<アーデン> 左:クラムチャウダー、右:かぼちゃのポタージュ
<アーデン>
左:クラムチャウダー、右:かぼちゃのポタージュ(ともに1人前×2袋入り/1箱) 各410円
■ハルク地下2階=ハルクフード<明治屋>

ひとり鍋は<美濃吉>におまかせ!
火にかけるだけで、野菜たっぷりの豆乳鍋が完成

12月に入ると増える忘年会。連日の暴飲暴食で胃腸がちょっと疲れているな、と感じたら、<美濃吉>「湯葉豆腐の豆乳鍋」がオススメ!豆腐、湯葉をはじめ、水菜、白菜、人参などの野菜、そして〆のうどんまで入っている至れり尽くせりの1人前鍋セットです。
添付の京風だしと豆乳を注いで中火にかけるだけ。包丁もまな板も使わずにヘルシーな1人鍋のできあがり。
家でお鍋を食べたいけれど、1人分を用意するのはちょっとおっくうという時は、迷わず<美濃吉>へ直行!
<美濃吉>湯葉豆腐の豆乳鍋
<美濃吉>
湯葉豆腐の豆乳鍋(1人前) 993円
■新宿店本館地下2階=惣菜・弁当売場

週末は「おでんパーティー」。
<鈴廣かまぼこ>の練り物で定番おでんをランクアップ!

あったかごはんの代表格といえば「おでん」。週末に「おでんパーティー」なんていうのも、乙ですね。いつものおでんを少しグレードアップさせたいと思ったら、ぜひ<鈴廣かまぼこ>をのぞいてみてください。
鈴廣オリジナルの「小田原がんも」は、“がんも”といっても豆腐でなく、魚のすり身が主役の変わり種。人参、椎茸、ごぼう、枝豆、ひじきがぎっしり入ったボリューム満点の「五目」、シャキシャキしたごぼうとふわふわした穴子のハーモニーが楽しい「穴子」、青のり入りのすり身でホタテをまるごと包み揚げた「ホタテ」と、3種類揃っています。
他にも店頭には、上質なすり身で職人が丁寧に作っているおでん種がたくさん。うまみたっぷりなので、いつものおでんに加えるだけでおいしく仕上がります。
<鈴廣かまぼこ> 小田原がんも・五目、小田原がんも・穴子、小田原がんも・ホタテ
<鈴廣かまぼこ>
小田原がんも・五目(1個) 226円
小田原がんも・穴子(1個) 259円
小田原がんも・ホタテ(1個) 259円
■新宿店本館地下2階=惣菜・弁当売場
※12月10日(月)→1月9日(水)の販売は行わず、1月10日(木)より再開いたします。

コラーゲンたっぷりの韓国定番のスープ「参鶏湯」☆
若鶏がまるごと1羽入って、骨まで柔らか

続いておすすめしたいのは、コラーゲンたっぷりといわれる「参鶏湯(サムゲタン)」。若鶏にもち米や栗などを詰めて煮込んだ、韓国定番のスープ料理です。
自分で作るとなったら結構な時間と手間が必要ですが、<カンナムキンパ>で見つけたレトルトパックなら、鍋かレンジで温めるだけ
お手軽とはいえ、高麗人参ナツメなど、中身はしっかり本格派。まるごと煮込んだ若鶏のコクのあるスープと柔らかいお肉が絶品です。
薄味なので、調味料を足して自分好みに仕上げてOK。豆腐やネギを入れれば、ボリューミーなごちそうになります。1パックで1kgあり、1~2人前が目安です。
<カンナムキンパ> 参鶏湯
<カンナムキンパ>
参鶏湯(1パック) 1,425円
■新宿店本館地下2階=惣菜・弁当売場

<チーズ王国>直伝の「チーズフォンデュ」で、
おしゃれなおうち飲みはいかが?

最後に紹介するのは、冬の「おうち飲み」にぴったりなおしゃれメニュー「チーズフォンデュ」。「家で作るのは難しそう・・・」と二の足を踏んでしまうところですが、<チーズ王国>のスタッフから「失敗しないチーズフォンデュの作り方」を教わってきたのでご安心ください。
基本のレシピでは、スイスを代表するハードタイプの「エメンタール」とクリーミーな「グリュイエール」が1対1。にんにくの切り口を擦りつけた鍋で白ワインを沸騰させ、削ったチーズを入れてしっかり混ぜたら完成です。鍋に入れる前のチーズにコーンスターチをまぶすのが、分離を防ぐポイント。
手間がかかりそうで、意外に簡単ですよね!
「エメンタール」「グリュイエール」以外にも、熟成期間の長い「コンテヴュー」も入れて深いコクを出したりと、自分好みにアレンジするのも楽しみのひとつ。チーズ選びに迷ったら、スタッフにお気軽にお声がけください。
<チーズ王国> エメンタール、グリュイエールマイルド
<チーズ王国>
左:エメンタール(100gあたり) 480円
右:グリュイエールマイルド(100gあたり) 550円
■新宿店本館地下2階=惣菜・弁当売場
「おうちごはん」「おうち飲み」が恋しくなる冬。気ぜわしく、準備にかける時間も惜しいこの時期こそ、とっておきのおいしいものが揃っているデパ地下の出番です。味にも素材にも十分こだわった手間いらずな「あったかグルメ」を上手に食卓に取り入れて、本格的な冬に向けて英気を養いましょう。

※掲載商品は数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。
※掲載されている食器・器具類は特に表示されていない限り、商品に含まれておりません。
※表示価格は「消費税込み」の価格です。
※最新記事以外は、すでに売場で取り扱いのない商品やサービスの情報、価格の変更等もございますので、あらかじめご了承ください。