日常を彩る本格フレンチ“トロワグロ”の魅力徹底解剖! 日常を彩る本格フレンチ“トロワグロ”の魅力徹底解剖!

2021年9月1日(水)更新

おいしいものが食べたい。
そう思ったとき、思い浮かべるお店はありますか?

今回ご紹介するのは、
小田急百貨店で長年人気を博している「トロワグロ」です。

フランスで多くの美食家に愛され続ける本格フレンチで、ハレの日だけでなく
日常のちょっとリッチな食卓も彩ってくれる名店の魅力を徹底解剖!

絶対におさえてほしいあの味から、
意外と知られていない通ならではのアレンジ術まで
余すことなくご紹介するので、
初心者だけでなくファンの方も新しい発見があるかも。

さあ、トロワグロが彩るおいしい日常を召し上がれ♪

オダチャンズに聞く
「トロワグロ」の魅力

トロワグロを愛用しているオダチャンズに緊急アンケート!どんなところが気に入っているのか、他のお店にはないトロワグロならではの、「ここが魅力!」と思うポイントを教えてもらいました。

「本場フランスの味」

ODACHAN'S comment

  • なんと言っても「本場の味」!良いものを知っている方におすすめしたくて、お中元に使っています。(愛用歴20年)
  • 他のお店ではみつけられない美味な品が多く品質も確かなので、大切な人へのギフトに最適です。(愛用歴7年)
  • 小田急百貨店新宿店「ブティック・トロワグロ」
  • シェフの調理風景

1984年4月小田急百貨店新宿店に「ブティック・トロワグロ」がオープンして以来、2021年現在に至るまで37年もの間、三ツ星レストラン「トロワグロ」と提携し、日本にフレンチワールドを紹介してきました。フランス本店との関係は深く、小田急百貨店のバイヤーが毎年行うワインの買い付けにはオーナーシェフのミッシェル・トロワグロ氏をはじめトロワグロのソムリエが同行するほど。また、オーナーシェフ、ミッシェル・トロワグロ氏は毎年来日し、提供される料理のチェックはもちろん、カフェやブティック店内のインテリアや食材の配置にまで気を配りアドバイス。そうした強い絆により、細部にまで本国トロワグロのエスプリが息づいているのです。

トロワグロの歴史、詳しくはこちら

「ワインの品揃え」

ODACHAN'S comment

  • 本格的なワインからお手頃なワインまで品揃えがすごい!です。どれを飲んでもハズレがないので手土産に最適。有機栽培のものを中心としているので、食にこだわりのある友人のおもてなしにもぴったりです。(愛用歴30年)
左から:ヴァシュロン サンセール(白/750ml)、ビュルゲ ブルゴーニュ ルージュ レ パンス ヴァン(赤/750ml)、パヴロ ルージュプレジール (赤/750ml)、ドメーヌ コート ロアネーズ レ ブロンダン(赤/750ml)、ミッシェル ラファルジュ フルーリー(赤/750ml)

左から:
ヴァシュロン サンセール(白/750ml) 3,520円
ビュルゲ ブルゴーニュ ルージュ レ パンス ヴァン(赤/750ml) 3,850円
パヴロ ルージュプレジール (赤/750ml) 2,750円
ドメーヌ コート ロアネーズ レ ブロンダン(赤/750ml) 2,750円
ミッシェル ラファルジュ フルーリー(赤/750ml) 4,400円
■新宿店本館地下2階=トロワグロ
5本セットをオンラインで購入>

トロワグロブティックの店頭にはフランスワインが常時60種類以上も置かれていて、ここでしか手に入らないものもあるそう。そんなラインアップからトロワグロ担当者が自信をもっておすすめするのは、シェフ・ミッシェルの意向である自然に近いbio(有機栽培)の葡萄でつくられたワイン5本。特に注目なのは、ミッシェル・トロワグロ氏とワインの造り手であるステファン セロル氏のWネームのエチケットになっている「ドメーヌ セロル コート ロアネーズ レ ブロンダン(画像:右から2つ目)」。赤ワインでありながらフルーティーで香りも華やか、味が主張しすぎないので和食にもぴったりです。また、果実味があり、トロワグロ のソースに使われることもある「ラファルジュ フルーリー(画像:右)」は、軽やかな飲み口なのに飲みごたえのある赤ワイン。どのワインもワイン通も認めるおいしさなので、ぜひ試してみてくださいね。

「秀逸なペストリーが多彩」

ODACHAN'S comment

  • 8階のカフェでも提供されているパリパリの香ばしい皮が特徴のバゲットはもちろん、旬のフルーツを使ったペストリーがおいしいです!(愛用歴25年)
  • 見た目のインパクトが◎オリジナリティのある他では見かけないタイプのケーキが多いと思います。(愛用歴1年)
トロワグロのケーキ

トロワグロのショーケースに飾られたケーキはまるで芸術品のよう。華やかな見た目に目を奪われますが、実はその基準は「自然であるかどうか」なのです。季節ごとに旬のフルーツを使い、デコレーションも派手すぎないように細部にまで心配りされています。食材の味を最大限にいかすため、味わいは出来るだけシンプルにしつつアクセントに酸味を入れるなど、計算され尽くした味わいが凝縮されています。店頭に並ぶ全10種類のプティケーキのうち、定番は4種類のみ。そのほとんどは短ければ2ヶ月で入れ替わるので、訪れるたびにきっと新しい出会いがありますよ。多くのファンにハズレがないと言わしめる絶品ケーキは、手土産選びに迷ったら選んで間違いなしです!

伝説の味「サーモンオゼイユ」

ODACHAN'S comment

  • 50年以上三ッ星を取り続けているフレンチの、代表的な「サーモンオゼイユ」がレギュラーメニューとしては世界で唯一食べられる!(愛用歴15年)
  • フランスのレシピを継承し、現地の味に近いところがすごい。素材を活かした季節を感じられるメニューでワインとのマッチングも素晴らしい!(愛用歴10年)
  • 三ッ星のエスプリが入った料理がリーズナブルな価格で楽しめるだけでなく、カフェだけのスイーツメニューもおいしいので要チェックです!(愛用歴30年)
  • 1.酸味の効いたクリームと絶妙な火入れのサーモンを味わえるトロワグロのスペシャリテ「サーモンオゼイユ」
  • 2.カリカリに焼いたパンの食感とレモンの香りが楽しめる「帆立貝とワカメのメルバ仕立て」
  • 3.焼き立てのフォンダンショコラに酸味の効いたカシスアイスとのマリアージュ「ダリオール・オ・ショコラとカシスアイスクリーム」
  • 4.月替りのスープとサーモンオゼイユをセレクトした組み合わせ(お料理2品にバゲット、食後にコーヒー又は紅茶つき)、白ワインのグラスをつけて

1.酸味の効いたクリームと絶妙な火入れのサーモンを味わえるトロワグロのスペシャリテ「サーモンオゼイユ」2,800円、2.カリカリに焼いたパンの食感とレモンの香りが楽しめる「帆立貝とワカメのメルバ仕立て」980円、3.焼き立てのフォンダンショコラに酸味の効いたカシスアイスとのマリアージュ「ダリオール・オ・ショコラとカシスアイスクリーム」1,400円、4.月替りのスープとサーモンオゼイユをセレクトした組み合わせ(お料理2品にバゲット、食後にコーヒー又は紅茶つき)、白ワインのグラスをつけて。4,340円
■新宿店本館8階=カフェ・トロワグロ

詳しくはこちら

フランス本国のレシピを気軽に楽しむことができるカフェ・トロワグロ。日本では敷居が高いと思われがちなフレンチをカジュアルに楽しんでもらいたいという思いから入り口には扉がなく、オープンな空間でありながら落ち着いた店内。ランチ、ディナーともに好みの料理を自由に組み合わせることができるスタイルで幅広い年齢層に親しまれています。フランス本店でも修行を積んだシェフが腕を振るう逸品揃いですが、特筆すべきはやはり伝説の一皿「サーモンオゼイユ」(バゲット付き)。世界中の美食家に愛されてきたトロワグロならではの素材を活かしたシンプルだけれど繊細なサーモンの食感に、アクセントであるオゼイユの酸味が効いた絶品!シェフをはじめスタッフの皆さんが気さくな笑顔で迎えてくれるので、気負わず一度訪れてみてくださいね。

トロワグロのカフェについて、
詳しくはこちら

オダチャンズならではの視点、熱いコメントが物語るトロワグロの魅力。お店に訪れたことがある人でも初めて知ったことがたくさんあったのではないでしょうか。食材を選ぶ基準や味へのこだわりなどを知った上で食せばこれまで以上においしさを感じられるはず!ぜひお店に足を運んでみてください。

※掲載商品は数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

※表示価格は、「消費税込み」の価格です。

※営業時間は状況により変更となる場合がございます。詳しくは営業時間・アクセスをご確認ください。