アンブレラマスターに聞く!日傘・晴雨兼用傘の選び方

2022年4月27日(水)更新

紫外線はお肌の大敵と言われています。5~7月にかけてピークを迎えると言われる紫外線対策に欠かせない日傘や晴雨兼用傘の選び方を傘売場のアンブレラマスターに聞きました。
紫外線を防ぐなら、晴雨兼用傘より日傘の方がいいの?色はやっぱり黒?何をポイントに選べばいいの?そんな疑問におこたえします。


■新宿店本館3階=婦人服飾雑貨売場
  • 晴雨兼用傘使用イメージ

雨傘・日傘・晴雨兼用傘の違い

晴雨兼用傘イメージ

雨傘

雨を防ぐことに特化し、撥水加工の強い素材を使用しています。

日傘

日差しを防ぐことを目的としているため、雨天時は使えない素材で作られていることがほとんどです。可視光線をカットする程度を表す「遮光」の機能付き素材のものは少なく、見た目にも涼しげなデザイン性を重視する方は、晴雨兼用傘より日傘(パラソル)を選ばれます。

晴雨兼用傘

文字通り晴れの日でも雨の日でも使用できる傘のことを指します。
ただし、その立ち位置はどちらかというと日傘寄り。撥水機能のついた日傘なので、雨傘に匹敵するほどの強い防水機能は持ち合わせていません。そのため、雨風が強いと分かっている日は雨傘の使用をおすすめしています。
晴雨兼用傘は、夏をメインとしながらも季節を問わず使用可能なので、1年を通して最も出番の多い傘とも言えるでしょう。最近は冬でも紫外線対策として、使用されている方が増えています。

教えて、アンブレラマスター!晴雨兼用傘の選び方Q&A

アンブレラマスター
Q
色は何色がいい?
A
結論から言うと、お好きな色を選んでいただいて大丈夫です。新宿店の傘売場で通常販売している晴雨兼用傘は、生地に紫外線カット加工を施した生地を貼り合わせた構造になっているものがほとんど、色にかかわらず上からの紫外線をカットしてくれます。
Q
内側は何色がいい?
A
顔周りの光を吸収してくれるので、地面の照りかえしを気にする方用に内側が黒色の商品が増えています。ただ、内側に熱がこもりやすくなるので、気になる方は黒色以外を選んでも問題ないレベルの違いです。
Q
選ぶ際に注目するべき機能は?
A
晴雨兼用傘に求めるものが「日焼け防止」なのか「日よけ」なのかで選び方が変わってきます。
日傘としての機能を表す項目は「遮光率」、「遮蔽(しゃへい)率」、「遮熱効果」の主に3つです。「日焼け防止」に重きを置く方は、「遮蔽率(UVカット率)」に注目を。
「日よけ」をしたい方は「遮光率」に注目を。人間の目に見える光(可視光線)をカットしてくれるので、濃い陰を作り出し、熱を防いでくれます。
中でも、遮光率が99.99%以上の生地を使用した日傘を「一級遮光傘」※といい、東レのサマーシールド®や、TEIJIN×ムーンバットのフワクール®などのシリーズが有名です。


※日本洋傘振興協議会(JUPA)によると、日本工業規格(JIS規格)試験に基づき、遮光率が99%以上の生地を使用した日傘を「遮光傘」。遮光率が99.99%以上の生地を使用した日傘を「一級遮光傘」と呼びます。

遮光率  可視光線をカットする程度を表す。最も高い数値は99.99%。
遮蔽(しゃへい)率  紫外線をカットする程度を表す。UVカット率と呼ばれることも。
遮熱効果  熱をカットする効果があるかを表す。パーセンテージではなく有無の記載。
Q
寿命ってある?効果はいつまで大丈夫?
A
雨傘も晴雨兼用傘も寿命は2~3年と言われています。繰り返し畳んだり、日光をあびることで、加工で施されているUVカットの機能が低下してくるためです。
Q
その他、選ぶ際に注目すべきポイントは?
A
形状(サイズ)や開閉方式もいろいろあります。

形状

形状は主に「ミニ傘」、「二つ折り傘」、「ショート傘」の3種類あります。
ショート傘、二つ折り傘、ミニ傘 親骨の位置
ミニ傘

傘を三つ折りの形で収納するタイプで、軽くて持ち運びしやすい点が特徴。

ショート傘

折りたたむ必要がないため長さはありますが、開け閉めがしやすい点が特徴。

二つ折り傘

両者の中間で、コンパクトでありながら、たたむのが比較的容易という特徴。

ちなみに、テレワークが増えたここ2年間は、持ち運びやすさより、使用感が楽なショート傘の人気が急増しました。また、ソーシャルディスタンスをとれる55cmの大寸サイズの傘の需要も増えました。


開閉方式

「ジャンプ式」と「手開き式」の2種類があります。ジャンプ式は、ワンタッチで傘を開くことができるので、手軽な点が人気です。ミニ傘に関しては、その構造上、手開き式のみをご用意しております。

開閉方式

また、一部の折りたたみ傘には「楽折機能」が搭載されています。ショートタイプの長傘のように1つの動作だけで、傘を閉じることができるので、たたむために傘の骨をポキポキと手で折る必要がありません。 それぞれに特徴があるので、ご自身の生活スタイルにマッチした晴雨兼用傘をお選びください。
Q
晴雨兼用傘のお手入れ方法は?
A
汚れてしまった場合は、ぬるま湯に中性洗剤を薄め、スポンジに染み込ませ軽くポンポンと優しくなでる様に拭いてください。必要以上に擦ってしまうと排水剤が落ちてしまうのでご注意ください。その後、水で洗剤を落としてから陰干しして十分に乾かしてください。

レディース晴雨兼用傘 おすすめ4選

小田急百貨店がおすすめする晴雨兼用傘をご紹介します。
ご要望のお声が多いポイントごとに4種類掲載しています。欲しい機能や譲れないポイントと照らし合わせてご覧ください。

※掲載品の価格は取材時のものを掲載しています。

紫外線をとにかく防ぎたい!

  • <ランバン オン ブルー>傘
  • <ランバン オン ブルー>畳んだイメージ
  • <ランバン オン ブルー>屋外で傘を差したイメージ
  • <ランバン オン ブルー>内側は黒
<ランバン オン ブルー>晴雨兼用ミニ傘
(本体:ポリエステル100%/オーバーロック:ナイロン100%)
7,700円

遮光率は99%、内側が黒色で遮熱効果があり、地面からの照り返しを遮断してくれます。デザインは花柄で夏らしく涼しげ、服を選ばずに使用可能。
シルバーのロゴが光に当たるとキラキラ光り可愛いデザインです。
機能 遮光率99%以上(遮光傘)/UV遮蔽率99%以上/遮熱効果○
サイズ ミニ傘・親骨50cm
その他 手開き式/内側は黒

紫外線を防ぎたい!
&軽やかで涼しげなものがいい。

  • <フワクール>傘
  • <フワクール>畳んだイメージ
<フワクール>晴雨兼用ミニ傘
ベージュ(ナイロン100%) 11,000円 ※5月上旬入荷予定
イエロー(ナイロン100%) 9,900円
サックスブルー(本体部分:ナイロン100% レース部分:ポリエステル51%ナイロン49%) 9,900円

「フワクール®」とは、TEIJINとムーンバットが共同開発した糸を使用した晴雨兼用傘。
軽量性と最高レベルの1級遮光(遮光率99.99%以上)・UV遮蔽(UV遮蔽率99%以上)・遮熱機能を兼ね備えています。内側が白色の生地の為、見た目が涼しげで地面からの熱もこもりにくいのも◎。
機能 遮光率99.99%以上(1級遮光傘) ※フワクール®/UV遮蔽率99%以上/遮熱効果○
サイズ ミニ傘・親骨50cm
その他 手開き式

紫外線を防ぎたい!
&とにかく軽くないと…。

  • <マッキントッシュ フィロソフィー>傘
  • <マッキントッシュ フィロソフィー>畳んだイメージ
  • <マッキントッシュ フィロソフィー>屋外で傘を差したイメージ
  • <マッキントッシュ フィロソフィー>内側は黒
<マッキントッシュ フィロソフィー>晴雨兼用ミニ傘
(本体:ポリエステル100%/オーバーロック:ナイロン100%)
13,200円

通常、ミニ傘で150~200gの所、約130g以下と軽量で持ち運びに便利。カーボン骨を使用しており、軽くて丈夫で折れにくい。そして、遮光率99.99%以上。
旅先や毎日のお出かけでも負担にならず、活躍してくれます。
機能 遮光率99.99%以上(1級遮光傘)/UV遮蔽率99%以上/遮熱効果○
サイズ ミニ傘・親骨50cm
その他 手開き式/内側は黒/軽量

紫外線を防ぎたい!
&さっと開けて
パッと閉じられるものがいい!

  • <ブラオ>傘
  • <ブラオ>畳んだイメージ
  • <ブラオ>屋外で傘を差したイメージ
  • <ブラオ>内側は黒
<ブラオ>晴雨兼用ショート傘
(本体部分:ポリエステル100%/テープ部分:ポリエステル100%/刺繍部分:上糸レーヨン100% 下糸ポリエステル100%/親骨の長さ50cm)
ブルー/ブラック/シルバーグレー 11,000円
カーキ/ホワイト 11,000円

優れた遮熱体感効果、高い遮光性・UVカット性を兼ね備えた 東レ「サマーシールド®」を使用した晴雨兼用傘。
竹製で手に良く馴染み、伸縮する持ち手がポイント。さっと開けてぱっと閉じられるのがとても便利です。見た目より、軽いのも嬉しい。
機能 遮光率99.99%以上(1級遮光傘) ※サマーシールド®/UV遮蔽率99%以上/遮熱効果○
サイズ ショート傘・親骨50cm
その他 手開き式/内側は黒
紫外線も雨も防いでくれる晴雨兼用傘についてご紹介してまいりました。今回ご紹介したポイントはもちろん、デザインや色も豊富なので、ご自身の生活スタイルやお好みに合わせて、お選びいただけます。
たくさんのアイテムを取り揃えて夏の季節を楽しく過ごすお手伝いをしていきたいと思います。皆さまの夏の相棒を、ぜひ小田急百貨店で見つけてください!
■監修者プロフィール
アンブレラマスター/アシスタントバイヤー
アンブレラマスター
婦人服飾雑貨の売場作りを担当。
お客さまにとって最適なお買い物環境をお届けできるよう、売場レイアウトや商品ラインアップの決定を行っている。
アンブレラマスター
アンブレラマスター
店頭にて、シーズンアイテムの販売を担当。
傘はもちろん、そのほかの婦人服飾雑貨に関する知識を活かし、お客さまのご希望に沿ったアイテムの提案を日々心掛けている。